-訪問者数-
  • 累計:

since/2008.3

最新コメント
-QRコード-
QRコード

音楽レビュー

2009年01月20日

相対性理論:ハイファイ新書

相対性理論ヘビロテ中。




新作が出ていることに気付くのちょっと遅れてしまって、CDショップに行ってみるもどこにも無い・・・入荷少な過ぎじゃね?
と思ってたらばオリコンデイリー4位とか・・・( ̄□ ̄;)
す、凄い売れてる;

で、先日やっと入手できまして只今(主に車で)ヘビロテ中です!!
相変わらずエキセントリックなまでに韻を踏む歌詞と、気だるいVo.やくしまるえつこさんの声に中毒中w
なんとなく前作よりもキーが高くなってるっぽい。

とりあえず前作が気に入った方や、ちょっと変わったバンドが好きな方なら聴いて損はないかと思います。

全体的に大好きなのですが、特に「テレ東」「四角革命」「さわやか会社員」が今のお気に入りです♪
っていうか、もっとたくさん聴きたい!!!

zyun110 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月14日

Mr.Children / SUPERMARKET FANTASY

CDレビューを書いてみた!

Mr.Children「SUPERMARKET FANTASY」です。




今作は2008年にリリースしたシングル「旅立ちの唄」「GIFT」「HANABI」、ミスチル初の配信限定シングル「花の匂い」、NHKドラマ・バッテリーの主題歌「少年」を含む14曲、しかも初回盤はDVD付きと、かなり豪華な内容。
これって2004年にリリースされた「シフクノオト 」に似ていると思いました。
(シングル「掌/くるみ」「Any」「HERO」とdocomoのCMソング「PADDLE」、ラジオ放送限定曲「タガタメ」収録、初回盤DVD付き。)

毎回ミスチルはタイアップとかたくさんついてて豪華なんですよね。
でも今回は映画主題歌2曲、ドラマ主題歌2曲、オリンピックテーマソング、これらがまとまっているという凄い作品になっています。

まあそれは置いといて(つ´∀`)つ
ライト層としては購買意欲くすぐられる感じでしょうけど、ファンとしては新曲が多い方がいいわけで。
そう考えると純粋に初めて聴ける曲が半分の7曲しかないのは少し残念。
(これもシフクとの共通点ですよね。)

アルバム全体通しては、個人的にかなりの傑作だと感じました。
たしかに現時点での最高傑作といえると思います。
「Mr.Children」という色で満たされている上で、新しい感じ。
全体的にアレンジが壮大かつ多彩。
特に「風と星とメビウスの輪」はシングルVer.から大化けしてて、映画音楽チックになってます。

終末のコンフィデンスソング」はカッコイイ!題名からしてツアーをひっぱる曲なのでしょう。
プロモーションの要になっている「エソラ」は「君の瞳に恋してる」を髣髴とさせるサビ前の盛り上がりが大好きですw
他にもサビに歌詞のない「」、焦燥感たっぷりな「少年」、変わっていく都会を憂いながらもそこに暮らす人の歌「東京」、奔放なかっこよさ「ロックンロール」なども好きです。

まあ結局は全部好きなんですけどねw




DVD付き初回盤はamazonとかにもうないみたいなのでPV置いときますね〜。
とりあえず「花の匂い」は必見です…!

■旅立ちの唄


■HANABI


■GIFT


■花の匂い


■エソラ


zyun110 at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月20日

LOUD PARK '08

ラウドパーク、1日目のみですが参戦してきました!
スリップノット目当てでいったわけですが、凄い豪華な顔ぶれで結果的に通して楽しめたフェスでした。
ただ前日なーんか寝つけなくて2時間くらいしか寝てなかったので、記憶が飛び飛びだったのは残念でした…w

以下、覚書自分メモ的なものです…。
無駄に長いです…。

loud02







■LINE UP

20:45 | SLIPKNOT
19:35 | DOWN
18:25 | AVENGED SEVENFOLD
17:25 | CARCASS
16:30 | SONATA ARCTICA
15:35 | DRAGONFORCE
14:45 | MESHUGGAH
13:55 | OBITUARY
13:05 | APOCALYPTICA
12:20 | AIRBOURNE
11:40 | SECRET&WHISPER
11:00 | HEAD PHONES PRESIDENT


→フォトギャラリー

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

場所は埼玉スーパーアリーナ。
朝早くに車で出て10時頃には到着したのですが、すでに凄い人…。

loud01








開場後しばらくしてから入ることに。
待ってる間に見てたポスターが軒並み古くて(2001年の催し物も貼りっぱなし)なんかビビッた!


loud03











スクリーミング・マッド・ジョージ(スリップノットのマスクを手がける日本人デザイナー)がデザイン・製作したオブジェが展示されていた。


しばらくどの辺で見たらいいか、席を行ったりきたり。
ステージは2つに分かれててど真ん中に巨大スクリーンがドーンとありました。
片方準備して片方演奏して〜っていう具合のようです。
アリーナも別れているのでどっちか片方ずつしか見れません。

MCが始まり、いよいよ開演。
トップバッターの HEAD PHONES PRESIDENT は日本から唯一の参加バンド。
パワフルな女性ヴォーカルと、演劇でも見ているかのようなステージングが印象的でした。

その後、昼食をそば屋でとり、グッズを見に行ったらすでにオフィシャルは売り切れ…orz
なるほど、だから列が見る見る減っていたのかぁ〜。。。
とりあえずパンフだけ買う。

車に荷物を置きに行った時に重大なことに気付く。
チケットが無い!!
半券がないと再入場できないではないか!!!
ということで捜索…といってもそば屋くらいしか探しようがなかったのだけどね。
で、そば屋の人に探してもらったのだが、これがまた無かったわけで…。
途方にくれながらも再入場口に行ってみる。
3人で来ていたのだが、ふたりのチケットと、出る時に手に押してもらってたスタンプで入れてもらえた!
よ、よかったぁ〜超ドキドキしたwww

再入場からは500レベルという一番高い所の席から鑑賞。
無事に入れたことに感謝しつつ、かみ締めるように APOCALYPTICA を見ましたw
チェロ+ドラムという異色の取り合わせメタルバンド!
ライブっていうかもはやコンサートみたい。
だけどカッコイイ!
チェロってあんな風に弾くことができるんだなぁとマジマジと見てた。
(後半眠っちゃったけど…。)
CD買おう。

OBITUARY 、MESHUGGAH もさすがって感じで良かったです。
でもゴメンなさいなのは…この時3人とも寝てたみたいであまり覚えてないのだ。。。
でもMCとか聞いててデス声じゃなくてもそのままでかなりいい声なのになぁ〜とかうつらうつら思ってました。(←ヒドイ感想)

こっから3バンドは見たかったのが連続!
・DRAGONFORCE は音が散っちゃっててよくわかりませんでした><;
 でもフロントマン動きまくりで見ていて楽しいステージでした。
 歌メロのクサい感じもめちゃくちゃ鳥肌たったし!
 とりあえず皆、髪の毛が多い!
 
・SONATA ARCTICA は貫禄すら漂っていたような!
 音がいいなぁと思いました。
 速い感じも曲以外にもまったりした曲もまたよかったです。

・CARCASS はなんというか色々反則気味に凄かった。
 ファンの盛り上がりも異常なほどの盛り上がり。
 他のバンドはステージの映像が映るのに彼らの時はただただグロい映像が延々流れてました。
 しかも曲とともに全てがどんどんエスカレートしてく!
 モッシュも激しかったです…。
 
※CARCASSが5分ほどオーバーしていたけど、ここまでほぼプログラム通りに進んでいました。

AVENGED SEVENFOLD は凄くアメリカのバンドっぽかった。
何がかよくわからないけど、何かそんな気がした。
ヴォーカルの声がちょい渋くてかっこよかったです。

DOWN は音が良くなかった…。
MCいっぱいしゃべってたような気がする。


そして SLIPKNOT !
初めて会場全体がひとつになって歓声でドォォォォ!ってなりました。
モッシュも他の比ではない、というか規模が違いすぎる…。
サマーソニックで初めて見た時の衝撃再び!でした。
そしてなんといってもセットが凄いwww
超ピカピカ光ってるし、火がでるし、4回くらい爆発するしw
今回はモッシュの渦中にいなかったので凄く観察できたのですが、パーカッショニストのふたりが凄い!
演奏していない時はあちこち動きまわってるのにいつの間にかバチ持ってて持ち場に戻ってきて叩いて、またポーン!って放ってどっかいっちゃうw
今回ドラムは動かないなぁと思ってたら最後の方で凄いことになりました!
椅子が垂直ですwジョーイさすがwww

あー書きたいこと凄くあるんですが、うまくまとまらないのです。
コリィみたいな声帯が欲しいとか、色々ですw
とにかくまたしばらくスリップノット中毒に逆戻りな日々なのかと…。






帰ってきて遅い夕食を松屋にて。
メガ牛丼、味噌汁サラダセットで…。

zyun110 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月05日

hide memorial summit(2日目)

hms03hms04












<hide memorial summit>
2008年5月4日(日)味の素スタジアム
・heidi.
・TOKYO YANKEES
・LADIESROOM
・DIR EN GREY
・the Underneath
・D'espairsRay
・MUCC
・OBLIVION DUST
・LUNA SEA
・X JAPAN
・無敵バンド

前日、ホテルでケータイ見てて知った、TOKYO YANKEES、LADIESROOMの参戦と、それによる開演時間の前倒し。
13時過ぎのスタートになってた。
いやー早めに来てよかったー。
今日も飯も食わずに8時間ほどずっと見てましたよー!

TOKYO YANKEES、LADIESROOMどちらも日本の大御所ロックバンドたる存在感でした。
両バンドともXとはEXTASYの深いつながりのあるバンドなんで出演決定には誰もが納得でしょうが、それにヤンキースのVo.UMEさんは昨年12月に急逝されたとのことで、より深い意味合いのある出演だったんだと思いました…。

その後に出てきたのがDIR EN GREY。
Xの曲でhide作詞作曲のMiscastをカヴァー(ほぼコピー?)してくれたのは凄く嬉しかったけど、パフォーマンスは相変わらずで口の中切って体かきむしったりしてました。
知らなかった人は大分ドン引きしてたみたい。

MUCCのDICE、OBLIVION DUSTの限界破裂も良かったけど、BUCK-TICKのDOUBTとか観たかったなぁ。
思えばトリビュートCD参加組はZEPPET含みLUNA SEAとOBLIVION DUSTの3組が今回のイベントに出演されたわけですな。
GLAYは何故出なかったor呼ばれなかったんでしょうか??
って、なんか前にもネットで見た話題…まぁどうでもいいですが。

そしてそして、LUNA SEA。
なんかLUNA SEAのライブに来ちゃったみたいな異様な盛り上がりでした。
ホルモンとかディルの時も歓声は凄かったんですけど、あきらかに別格。
ステージからのオーラと、客席からの熱気がぶつかり合うような凄さがありました。
自分はサビまで聴いたら「あーこれかー」とか分かったりしてたんですが、皆イントロ・ドン並みの反応の早さ…。
一体感すげぇぇ!!と思いながら、周りをマネしてノッテましたよ♪

ここまで(18:00)割りとトントン拍子で9組が終了して、あとは大トリのみ、となり、「2時間待ったらどうしよう?」なんて思いつつ登場を待ってました。

約40分後、Xの文字がスクリーンに!
セットの変更等考えると、かなりの早業!
幕の裏側は修羅場だったに違いねぇ!

さっきはLUNA SEA別格と書きましたが、軽くそれを凌駕する大歓声(まぁそりゃあそうだが)!
Rusty Nail・SCARS・Silent Jealousyと立て続けにハードナンバーを繰り出したかと思いきや、hideの過去の映像がしばし流れ、再び登場したYOSHIKIがソロの後演奏しだしたのがwithout you。
この流れは涙モノでしたね。
あちこちで鼻水をすする音が聞こえたし、僕もかなりキました・・・。

一旦幕が下りてからのウェーブ合戦は凄かったです。
スタンドから始まった流れはアリーナに、そしてスタンドに戻り、寄せては返すまさに人の波が、縦横無尽に…。
すごい一体感でしたね。
すごく嬉しかったです。

その後出てきたXによるピンクスパイダー(Toshiのキーたけぇ!)、LUNA SEAとのBelieveと、「ものめずらしいもの」を見れました。
無敵バンドによるXも楽しかった〜。
今回はEndless Rainを合唱するのと、Xジャンプをするのが目標だったので、達成できてホントに幸せでした。

本当にあっという間で、めちゃくちゃ濃い2日間でした。
またこういうのやって欲しいです!!


zyun110 at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月03日

hide memorial summit(1日目)

hide memorial summit に2日間行ってきました。
書き出すと果てしなく書き続けるくらい密度の濃い2日間だったので、駆け足で振り返りたいと思います。
hms01hms02












<hide memorial summit>
2008年5月3日(土)
・DJ OZMA
・DaizyStripper
・Ra:IN
・RIZE
・Versailles
・MarBell
・マキシマム ザ ホルモン
・Phantasmagoria
・T.M. Revolution
・hurdy gurdy
・hide with Spread Beaver

いきなり東海林さんとひろしさんが出てきてビックリしました(声のデカサに)!
予想できそうでできなかった、まさかの東海林さんの登場。
ああhideのイベントが始まるなぁ、とかそんな雰囲気を感じ取れました。

1日目のトップはDJ OZMAは思ってたより全然楽しめました。
トップバッターとしては最適任だったと思います。
ピンクのアフロに迷彩のツナギの格好もなかなかいい感じでした。
沢山のダンサーを従えてのパフォーマンスは、遠くの席からでもモニターで見るよりステージを見た方が楽しめる、唯一の出演者だったと思います。
ever freeのカヴァーをやってくれました。
とりあえず、しゃべりうめぇ!

他の出演者のみなさんもhideのカヴァーをやってくれるバンドが多くて、DaizyStripperはMISERY、RIZEはCDもリリースしていたピンクスパイダーをやっていました。

XのPATA率いるRa:INは音が固まりになっててよくわからなかったですが、前衛的な音楽…といえばいいのかな?
DIEとかは足でキーボード弾いてたし。
なるほど、外国でウケそうだなぁと思いました。

MarBellとか、女性Voでバンド自体もうまかったしかっこよかったのですが、会場を出て行く人が結構いてかわいそうにも思いました。
まあこういうイベントはだいたいお目当てバンドがいるものなんでしょうがないことなんですけどね。

かくいう僕は今日のお目当てバンド、マキシマムザホルモンのときははっちゃけ…たかったのに、超頭痛くて頭振ったりできなかった!!
でも、やっぱおもしろくてカッコよかった〜!
ホルモンはワンマンでいつかまた見に行きたいです。

T.M.Revolutionは客のノセ方を心得ているという感じ。
曲はほとんど知らんかったけど、本人「曲なんて知らんでええ」って言ってたし、わかってたのかも。
歌は一番うまかったです。

hurdy gurdyはZEPPET STOREからのソロ・プロジェクトで、解散後も活動されていたとのこと。
FLAMEはマジ泣きするところでした、ヤバカッタ。

トリは勿論、hide with Spread Beaver!
「今」、会場に響き渡るのはまぎれもないhideの歌声。
hideが確かにそこにいる、ということを見せてくれるようなステージでした。
皆さんやっぱ変わられてたけど、KIYOSHIとか今の方がカッコ良いですね。

そんなこんなで1日目は終了しました。



zyun110 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)